LeoVince(レオビンチ)バイクパーツ特集

現在の商品点数:10874点
HOME > LeoVince(レオビンチ)

LeoVince(レオビンチ)バイクパーツ特集

LeoVince(レオビンチ)とは

LeoVince(レオビンチ)は、1954年創業のイタリアSITO(シトー)社の高性能バイクマフラーブランドです。
マフラーの年間生産量は、ヨーロッパ最大を誇る120万本です。情熱・経験・優越性がLeoVince(レオビンチ)の哲学です。
研究開発から生産まで一貫して自社で行われており、これまでに培われたノウハウやデータ・最新の開発技術により優れたマフラーが数多く生み出され、職人の加工技術により丁寧に仕上げられます。
性能・耐久性に優れ、MotoGP・エンデューロレースなどのマシンに選ばれていることも高い性能を証明していると言えます。

また、デザインが重視されるイタリアの中で支持されてきたLeoVince(レオビンチ)のマフラーは、個性が光るデザイン性に優れています。 一般用モデル製品も、数々のレースをサポートしてきたノウハウを基に反映・改良されており、ヨーロッパのストリート規格をパスしています。

LeoVince(レオビンチ)の創業について

1954年、ピエトロ モロによってSITO(シトー)社がトリノに設立され、1962年に創業者の起源でもあるモンティチェッロ・ダルバ(Monticello d'Alba)に移転しました。
ブランド名 LeoVince(レオビンチ)ではスポーツマフラーやインジェクション用改造部品、SITO(シトー)ではオリジナル形状のマフラー、Silver Tail(シルバーテイル)ではアメリカン用マフラーを製造しています。
今日では、SITO(シトー)社は創業者の息子であるジャンニ モロによってマネージメントされており、あらゆるエンジンサイズやモデルのバイク用サイレンサー製造におけるマーケットリーダーとなっています。

SITO(シトー)社は、最初交換のための2サイレンサーと4ストロークエンジンの生産に特化しており、これらの製品はSITO(シトー)と呼ばれていました。
生産量が年々増えていき、SITO(シトー)はほぼ全てのストリートバイクや、市場で入手可能なオフロードバイクの排気システム、カーボンファイバーアクセサリーの生産に特化していきました。
それらのすべての製品をLeoVince(レオビンチ)というブランド名に改め、数年後にLeoVince(レオビンチ)はSITO(シトー)ブランドよりも人気が高まり、ライダーの間に普及するようになりました。
MotoGPやエンデューロレースなど数々の世界選手権で、LeoVince(レオビンチ)のマフラーが装備されていることから、LeoVince(レオビンチ)は世界的に知られるようになっています。

参照:LeoVince(レオビンチ)オフィシャルサイト(英語サイト)

※この度Leovince(レオビンチ)についてご迷惑をおかけしました。
再販売になりました、入手するのに少しお時間がかかる場合があります。お客様には、ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

LeoVince(レオビンチ)マフラー適合のバイクメーカー

Aprilia

BENELLI

BETAMOTOR

BMW

RIEJU

PEUGEOT

MORINI

MBK

MALAGUTI

CAN-AM

KYMCO

LML

ITALJET

INNOCENTI

HYOSUNG

VARIE

HUSQVARNA

HUSABERG

HM

HARLEY

GUZZI

GAS GAS

DERBI

HONDA

Kawasaki

SUZUKI

YAMAHA

DUCATI

KTM

TRIUMPH

GILERA

VESPA

PIAGGIO

SYM

スペアーパーツ


PAGE TOP