BMC(ビーエムシー)バイクパーツ特集

現在の商品点数:10858点
HOME > BMC(ビーエムシー)

BMC(ビーエムシー)バイクパーツ特集

BMC(ビーエムシー)エアフィルターとは

BMC(ビーエムシー)エアフィルターは1996年以来、フェラーリ、BMW,メルセデス、トヨタ、ポルシェ、アウディといった、フォーミュラ1やアメリカン・ルマン・シリーズで戦う主たるチームに採用され、エアフィルターが高品質であることを証明してきました。
BMC(ビーエムシー)エアフィルターの製品ラインアップは、純正の紙フィルターなどのエアフィルターにはじまり、ダイレクト・インダクション用のコニカル・フィルターなど多岐にわたります。
BMC(ビーエムシー)エア・フィルターは特徴である赤いフィルターを一体成形して作っているため、壊れやすい継目がありません。BMC(ビーエムシー)エア・フィルター・システムに使われているゴムは非常に寿命が長く、耐久性がある上、あらゆるエアボックスの形にぴったり吸着する、抜群の特性を持っています。

参照:BMC(ビーエムシー)オフィシャルサイト(英語サイト)

BMC(ビーエムシー)エアフィルターの特徴

高密度4層構造のコットンフィルター
吸入面の素材は高密度のコットンガーゼの4層構造で、最高レベルの防塵力と空気ろ過性でエンジン性能を守ります。さらに、フィルター面通過時に生じる空気の圧力損失を最小限に抑え、高い吸入性能を両立させています。
また、一般的な使用状況で20,000kmまで新品時の性能が維持できるとされています。

ソフトラバーモールディング製法
ソフトラバーモールディング製法はBMC(ビーエムシー)社独自のもので、F1、ルマンに供給されている製品と同じものが採用されています。
レースでも重要になる、耐熱性・耐久性・耐油製・耐水製に優れています。またエンジン吸引力によりエアフィルター本体の変形を防いでいます。

BMC(ビーエムシー)エアフィルターの種類

リプレイスメントタイプ

再生可能な高性能フィルターですが、従来のフィルターにくらべエアの吸入量が向上し、燃焼品質が向上することが特徴です。
BMC(ビーエムシー)フィルターは低粘度のオイルを染み込ませた多層のコットン製ガーゼからなり、ガソリンの蒸気と空気中の湿度から守ります。

コニカル・タイプ

BMC(ビーエムシー)コニカル・フィルターには以下の2種類があります。

  • SA(シングル・エア)は単純に横から空気を吸入するタイプ
  • TW(ツイン・エア)は横からと中央から空気を吸入するタイプ

BMC(ビーエムシー)エアフィルター適合のバイクメーカー

Kawasaki

SUZUKI

YAMAHA

Aprilia

BMW

DUCATI

TRIUMPH

Cagiva

MOTO GUZZI

MV Agusta

HONDA

KTM

Arctic Cat

Bombardier

BUELL

CAN-AM

Garelli

GILERA

Husqvarna

HYOSUNG

KYMCO

Norton

Laverda

PIAGGIO

Polaris

SYM

HARLEY


PAGE TOP