このエントリーをはてなブックマークに追加

レオビンチのマフラーをトライアンフスピードトリプルに搭載!

トライアンフスピードトリプル 3

レオビンチ

今回のお客様カスタム自慢は、トライアンフ スピードトリプル1050 11-12です!
ブラックのカラーリングに、レオビンチのマフラーが映える良いバイクですね!
Spiral Spinnerでも人気のトライアンフ。今回はこのトライアンフ スピードトリプルの魅力に迫りながら、お客様のカスタムバイクをご紹介します。

トライアンフ スピードトリプルとは

トライアンフ スピードトリプルは、1994年から販売されているトライアンフのスポーツバイクです。
それまで販売されていたトライアンフのスポーツバイクである「デイトナ900」のカウルが外されたような、当時としてはスタイリッシュなフォルムです。
現在はトライアンフのフラッグシップモデルとして、その強い存在感を放っています。
そんなスピードトリプルのスペックはこちら。

~トライアンフ スピードトリプル カタログスペック~
エンジン:水冷DOHC並列3気筒 12バルブ
エンジン型式:
総排気量:1050cc
燃料タンク容量:17.5L
最高出力:135ps/9400rpm
最大トルク:111NM @ 7750
車両重量:214kg

トライアンフ スピードトリプルの購入ユーザー

同じトライアンフの並列3気筒エンジン系の中でも、ストリートトリプルに比べその強いパワーがスピードトリブルの特徴です。
街乗りでもスピードトリプルで楽しく走りたい!という方に人気のモデルです。

お客様の感想

トライアンフスピードトリプル1

とにかく軽い!
車体がふらついた時のリカバリが楽になりました。
もともと、見た目と軽量化を求めていたので、それに関してはもちろんGOODなのですが、
意外だったのはパワーを求めていなかったので、MAPを変更していなかったら低速トルクが減って低速での扱いがラクになりました。
スピードトリプルの味が減ってしまうと思う人は、ディーラーでMAPを変更すればいいと思います。
変更しなければ燃費も街乗り通学で14km/ℓくらいで、ノーマルとあまり変わりません。

スピードトリプル搭載のカスタムパーツ

トライアンフスピードトリプル 2

今回お客様のスピードトリブルに搭載されているのは、
LeoVinceのLeoVince Factory R STDマウント EVO2 カーボンです!
一見してレオビンチと分かる存在感のあるマフラーですね!

現在レオビンチが倒産してしまい、パーツが手に入らない状態ですが、もしかしたら復活するかも・・・レオビンチ特設ページSpiral SpinnerFacebookページにて情報配信しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?

トライアンフ スピードトリプルをさらに魅力的にするカスタムバイクをお届けしました!軽量化を図り、さらに乗りやすくなったスピードトリプル、ぜひ乗り倒してくださいね。
レオビンチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事